COLUMN

「娘の存在を愛するのに理由なんていらなかった」私が葛藤を乗りこえて娘の重い障害を受け入れるまで