COLUMN

「誰のためか」を見失わない。それが多様性を受容するコミュニティ運営の鍵になる。ぴっかりカフェと長崎二丁目家庭科室