人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディア

「soar(ソアー)」は、 NPO法人soarが運営するウェブメディアです。

本来、人は誰でも自分の内側に高いエネルギーを持ち、可能性に満ちています。ですが、世の中には様々な理由から、その可能性にふたをされてきた人たちがいます。

一方で、世の中にはこうしたふたを開けようと、 デザインやビジネス、アート、テクノロジーなど、様々な手法を用いて活動している人たちがいます。

ネガティブだったものをポジティブに転換し、 これまでとは異なった新しい関係性を構築しようとする動きが、世界中の至るところで生まれているのです。

soarは障害や病気、貧困や格差など、様々な困難に出会った人たちをサポートする活動や、困難のなかでも自分らしく生きる人々のストーリーに光を当て、情報として届けていきます。

どんな困難があったとしても、soarが「情報のセーフティネット」となり、その人がよりよく生きていく支えになりたい。そして同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出し、「 誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来」をつくります。

創業者ストーリー

大切な人が困難に出会ったとき、自分には何ができるだろう

私がsoarを始めたきっかけは、ある身近な人が統合失調症になってしまったこと。

周囲が戸惑い、為す術がないまま病気が進行してしまった姿を見て、「もっと早くに助けることはできなかったのだろうか」と後悔しました。

世界を見渡してみると、「困難のある人をサポートしたい」と願いにもとづいた、希望溢れる活動がたくさんあります。しかし、それが本当にサポートを必要とするひとたちの元へ、届いていないのです。

私は、困難に直面したときに情報を「知らない」ことは、人生の明暗を分ける大きな問題だと気づきました。

「インターネットで、困難のある人にサポート情報や希望のある生き方を届けよう。そうすれば、サポートに結びつき、よりよく生きれるひとが増えるんじゃないだろうか」

そう考えて立ち上げたのが、ウェブメディア「soar」です。

工藤瑞穂

NPO法人soar代表理事・ウェブメディア「soar」編集長

1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒。仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、仙台で音楽・ダンスと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。2017年1月に「NPO法人soar」を設立。様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指す。

運営メンバー

モリジュンヤ

NPO法人soar理事・ 株式会社インクワイア代表取締役

1987年生まれ、横浜国立大学卒。2010年より「greenz.jp」編集部にて編集を担当。独立後、「THE BRIDGE」「マチノコト」等のメディアブランドの立ち上げに携わり、テクノロジー、ビジネス領域を中心に執筆活動を行う。15年、編集デザインファーム「inquire」を創業。17年、社会をアップデートするクリエイティブポータル「UNLEASH」を創刊。エンパワメントやウェルビーイングの実現のため、メディアやプロジェクト、組織の編集に取り組む。株式会社IDENTITY共同創業、NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事。

鈴木悠平

NPO法人soar 理事/ライター・株式会社LITALICO チーフエディター

1987年生まれ。一人ひとりが<わたし>の物語を紡いでいける社会を目指して、執筆・編集業を中心に活動。現在は、NPO法人soarおよび株式会社LITALICOでの事業運営や文筆活動を通して、障害や病気、その他さまざまな要因で生きづらさを感じている人たちとかかわりながら、人が物語を通して回復していくプロセス、<わたし>と<あなた>の物語が響き合うなかで新たな希望が見出されるプロセスの探求、伴走、創出をこころみている。

碇和生

NPO法人soar理事・株式会社IDENTITY共同代表取締役

大学在学中から複数の事業・株式会社を立ち上げ、30歳を節目に活動を東海地方に移して株式会社IDENTITYを設立。 『あらゆる地域にデジタルシフトを』をミッションに、スタートアップや大手企業を対象としたデジタル領域での事業開発支援を行う。名古屋を中心とした東海エリアのイベント・グルメ情報を紹介するシティガイド「IDENTITY名古屋」発行人。投資や人材育成を通じ、名古屋の起業家エコシステムを形成するためのスタートアップコミュニティ「Midland Incubatars」広報戦略パートナー。

ヒグチケンスケ

NPO法人soar理事

1986年生まれ。大学卒業後、コンサルティング会社に勤務。英国で経営学を修了後、現在ヘルスケア業界でマーケティングに従事している。Social Agenda Labの「 日本における休眠口座基金の創設プランの策定プロジェクト」に参画して以来、プロボノ活動ライフワーク。理事のモリジュンヤとシェアハウスでの同居人だった縁で2017年よりsoarに参画。関心分野は、アドバンス・ケア・プランニング、メディアにおけるセクシュアルマイノリティの描写など。

松本綾香

NPO法人soar編集部・事務局スタッフ

1991年生まれ。千葉県出身。大学でダイバーシティマネジメントを学ぶ。卒業後はIT系の会社にてSEとして勤務し、海外システム運用に携わる。2017年4月からsoarに参画。現在は編集部・事務局にて企画、ライティング・編集、リサーチ、イベント運営などを行う。関心分野は、企業のダイバーシティ、多文化理解、移民、発達障害、移住、食、アートなど。

粟田智美

NPO法人soar事務局スタッフ

神戸市出身。「誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を創る」というsoarのビジョンに惹かれ、大学院在学中に事務局インターンスタッフとしてsoarに参画。児童相談所や教育系NPOでの勤務を経て、現在soar事務局スタッフとしてイベント運営やPRなどを担当。関心テーマは、家族、地域コミュニティなど。

河野奈保子

NPO法人soar事務局スタッフ

1980年生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学時から、地域で多世代が集う学びの場やイベント運営に関心を持ち、実践と研究を重ねる。都内の市民活動支援センター、NPOグリーンズを経てsoar事務局。他にも複数の地域で生涯学習講座の新規事業の企画運営に関わっている。関心分野はコミュニケーションデザイン、ソーシャルデザイン

山根優花

NPO法人soar事務局スタッフ

1997年生まれ。東京都出身。日本社会事業大学社会福祉学部に在学中。芸術のゼミに所属している。デザイン、ビジネス、アート、テクノロジーなど様々な分野から人と社会の可能性にアプローチしているsoarに関心を持ち、2017年8月からsoarに参画する。現在は事務局スタッフとしてイベント運営、EC事業、クラウドファンディングに携わる。関心分野は、福祉、デザイン、アート、働き方など。

佐藤みちたけ

NPO法人soar編集部スタッフ・ライター

2000年生まれ。大分出身のライター。起業のワークショップなどを通じて、学校教育に違和感を覚え、高校を中退。その後上京し、現在では、教育系企業でインタビュー記事を執筆や、編集業務を行なっている。関心分野は教育、メンタルヘルス、働き方など。

木村和博

NPO法人soar編集部スタッフ・ライター

株式会社インクワイア所属の編集者・ライター。soar編集部に所属。大学時代より演劇活動に勤しんでおり、現在は平田オリザ氏が主宰する劇団青年団の演出部でほそぼと活動も続けている。関心分野は「介護」「演劇」「居場所づくり」。