COLUMN

インターネット上に人の心を感じる「読むと書く」を生む──ドミニク・チェンさんが考える語りの回復