INTERVIEW

今がつらくても、君の好きなこと、夢中になれることを大切に。10年間の不登校から高校生で起業した小幡和輝さん