INTERVIEW

「生きていてよかった」と、自分も相手も尊重できる居場所を地域に。多世代が訪れる「芝の家」のありかた