COLUMN

いつか迎える最期の日まで、“生き生きと暮らす”お手伝いがしたい。介護の仕事をとおして高栖望さんが願うこと