COLUMN

生きづらさを“語る”ことが自分を助ける。べてるの家・向谷地生良さんが考える「苦労の主人公」として自らを語る意味