【写真】笑顔でこちらを見つめるそあーメンバー

soarを応援してくださっている皆様、クラウドファンディングをご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます!

soar全国取材費用を募るクラウドファンディングは、おかげさまでたくさんの方にご支援いただき、目標額達成まで日々近づいてきております。

クラウドファンディングで1万円以上のご支援をいただいた方向けの、スペシャルサンクスイベントが6月26日に開催決定しました!

今回は記事に登場いただいた方、これから記事がリリースされるみなさんをゲストにお迎えして、3部構成のトークセッションを行います。

トークセッション1部のテーマは、「うつや心の不調の解消にオンラインサービスができること」。ゲストスピーカーは、うつ病患者向けのオンラインサービス「U2plus」創業者の東藤泰宏さんと気軽に心の不調を相談できるオンラインカウンセリングサービス「cotree」代表の櫻本真理さんです。

お二人ともご自身がうつ病を経験したことからサービスを生み出したという共通点がありますが、立ち上げの想い、オンラインをつかってうつや心の不調に対してどんなことができるのかをお話いただきたいと思います。

トークセッション2部のテーマは、「どんな環境に生まれた子どもたちも権利と尊厳を持って生きるために」。ゲストスピーカーは、国際人権NGO「Human Rights Watch」で日本の社会的養護下にある子どもたちやLGBTの子どもたちの現状について調査し発信している吉岡利代さん、子どもの育ちに多様な大人が関わる地域コミュニティを生み出しているNPO法人ピーシーズの小澤いぶきさん。

調査・アドボカシーと現場づくりとアプローチは違うものの、子どもたちの育ちが環境によって左右されることなく、それぞれの人生のストーリーを紡いでいくために今私たちができることについてお話しいただきます。

トークセッション3部のテーマは、「多様な生き方が溢れる社会のリフレーミングと枠にとらわれず生きること」。ゲストスピーカーは「女性の体で、自身を男性であると認識し、女性を好きになる」トランスジェンダーであり多くの人を勇気づけることをライフワークにする浜松幸さん、自身も性的マイノリティーであることをオープンにしLGBT企業研修などセクシャリティに関わらず誰もが自分の幸せを自由に追求できる社会を目指す「株式会社レティビー」榎本悠里香さん。

これまでの常識にとらわれることなく自分だけの生き方を大切にし、多様な生き方が認められる社会づくりにライフワークとして、仕事として取り組んでいるお二人にお話を伺ってみたいと思います。

日曜の昼下がりなので、カフェ・シャトー2Fの店長である阿部裕太朗さんに、soarをイメージしたお菓子をつくっていただきます。

ご参加希望の方は、5月30日までにクラウドファンディングのご支援をいただけると幸いです!

soarの描く「誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来」に共感してくださる皆様に、感謝の気持ちを伝えるとともに、皆様と一緒に未来について考えお話できる楽しい時間を作りたいと思いますので、ご参加いただけると嬉しいです。

【写真】イベントでの美味しそうなケータリングのフード。ひとつひとつのフードの上にはそあーの旗が刺さっている。

【写真】満員のイベント会場。参加者は真剣に話を聞いている。

spacial thanks event!!!

【日時】2016年6月26日(日曜日)13時00分〜17時00分(12時45分開場)
【場所】IMPACT HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2丁目11番地3号 印刷工場1階)
お菓子・ドリンク付き

【参加条件】
soarクラウドファンディングで10,000円以上のご支援をくださった方のみご招待
クアウドファンディングページはこちらから

【ゲストスピーカー】
東藤泰宏(U2plus編集長)
櫻本真理(株式会社cotree代表)
吉岡利代(国際人権NGO「Human Rights Watch」上級プログラムオフィサー)
小澤いぶき(NPO法人ピーシーズ(登記準備中) Co-Founder/児童精神科医 )
浜松幸(「Amazing-Barいいね‼︎」オーナー・店主)
榎本悠里香(株式会社レティビー 代表取締役 )

【モデレーター】
工藤瑞穂(soar代表・編集長)
モリジュンヤ(soar副代表、株式会社inquire代表)
鈴木悠平(soarメンバー、株式会社LITALOCO)

【タイムテーブル】
・イントロダクション・soarの紹介(工藤瑞穂)

・トークセッション①
「うつや心の不調の解消にオンラインサービスができること」
スピーカー:東藤泰宏、櫻本真理
モデレーター:モリジュンヤ、鈴木悠平

・トークセッション②
「どんな環境に生まれた子どもたちも権利と尊厳を持って生きるために」
スピーカー:吉岡利代、小澤いぶき
モデレーター:工藤瑞穂、鈴木悠平

・トークセッション③
「多様な生き方が溢れる社会のリフレーミングと枠にとらわれず生きること」
スピーカー:浜松幸、榎本悠里香
モデレーター:工藤瑞穂、モリジュンヤ

【お菓子】
阿部裕太朗(シャトー2F)

【主催】
soar https://soar-world.com/
お問い合わせ:hello@soar-world.com

※駅からの移動にサポートが必要な方はスタッフがお手伝いしますので、お問い合わせアドレスへご連絡ください。
※会場はスペースを広くとっております。車椅子の方も気兼ねなくお越しください。
※大変申し訳ありませんが、会場は多目的用トイレがございません。ご了承ください。
車椅子の方はスタッフがサポートいたします。
※保育のサポートはありませんが、お子様連れの方も大歓迎です。

【会場】
IMPACT HUB Tokyo
〒153-0063 東京都目黒区目黒2丁目11番地3号 印刷工場1階
03-5761-6775
http://hubtokyo.com/

目黒駅から徒歩7分

【出演者プロフィール】

・東藤泰宏(U2plus編集長
IT企業勤務時、過労によりうつ病となる。2011年にスカイライトコンサルティング社主催「起業チャレンジ」にて最優秀賞を受賞。賞金300万円により起業。2012年に、うつ病の方へのインターネット認知行動療法コミュニティ「U2plus」を公開。2015年にU2plusを株式会社LITALICOに事業譲渡。現在はうつから回復中。
東藤さんのsoarでのインタビュー記事はこちら

・櫻本真理(株式会社cotree代表)
京都大学教育学部卒業後、モルガン・スタンレー証券、ゴールドマン・サックス証券にて勤務。 証券アナリストとして2009年日経アナリストランキングその他素材部門20位、2010年同10位にランクイン。 同社退社後複数のスタートアップやプロジェクトに携わり、2014年5月に株式会社cotreeを設立。オンラインカウンセリングサービスの研究・開発・運営を行う。

・吉岡利代
国際人権NGO「Human Rights Watch(ヒューマン・ライツ・ウォッチ、HRW)」上級プログラムオフィサー。高校と大学はアメリカで過ごし、日本に戻ってから外資系金融会社に就職。その後、国連難民高等弁務官事務所での勤務を経て、2009年にHRW東京オフィスの創設メンバーとなり、現在に至る。2011年、AERA「日本を立て直す100人」に選出。同年、世界経済フォーラム「Global Shapers Community (GSC)」に選出され、2013年度は東京ハブのキュレーターを務めた。
吉岡さんのsoarインタビュー記事はこちら

・小澤いぶき
NPO法人ピーシーズ(登記準備中) Co-Founder/児童精神科医 東京都立梅が丘病院、東京都立小児総合医療センター児童思春期精神科で児童精神科医として臨床に携わる。どんな子どもたちにも権利と尊厳がある社会を目指し、人の危機が予防され、可能性が活かされる多様性のある生態系づくりを行っている。こどもと大人が平等な子育て環境を目指すコミュニティ活動asobi基地副代表、そしてアートを通した教育プログラムPe’Canvasの立ち上げに携わる。
https://www.facebook.com/pieces.tokyo/?ref=ts&fref=ts
小澤いぶきさんのsoarインタビュー記事はこちら

”性同一性障害”は自分にとってギフトだと語るトランスジェンダーの浜松幸さん[/caption]

浜松幸
1984年生まれ。東京都文京区出身。日本セクシャルマイノリティ協会所属。幼少期より女の子としての自分に違和感を抱え、高校時代に「女性の体で、自身を男性であると認識し、女性を好きになる」トランスジェンダーであることを認識。まわりへのカミングアウトを経て、男性として生きていくことを決意。その後、調理師学校を卒業し、飲食店や一般企業での勤務を経て、現在は歌舞伎町にある「Amazing-Barいいね‼︎」オーナー・店主に。その他インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」でのパーソナリティ、石巻での復興支援ボランティア、NPO法人コモンビートのミュージカルプログラムなどにも参加。多くの人を勇気づけ、元気にしていくためのライフワークを精力的に行っている。
浜松幸さんのsoarインタビューはこちら

・榎本悠里香(株式会社レティビー 代表取締役 )
2012年に新卒で株式会社ガイアックスに入社。海外のカスタマーサポート事業部の運用を担当したのち新規事業本部で営業系のクラウドソーシングサービスなどに従事。2015年5月にレティビーに取締役として参画。自身も性的マイノリティーであることをオープンにし、LGBTに関する調査機関「LGBTマーケティングラボ」、LGBT とアライアンスのための生活を豊かにするメディア「Letibee LIFE」の運営や、企業向け研修などのプロデュースを行なう。2016年同会社の代表取締役に就任。
583″ />

・工藤瑞穂(soar代表・編集長)
「soar」代表・編集長/「HaTiDORi」代表
1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。Webメディア「マチノコト」ライター。 仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、仙台で音楽・ダンス・アート・フードと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。イベント開催、リサーチプロジェクトなど様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指している。
https://soar-world.com/

1z_qo5Zw-1

・鈴木悠平/Yuhei Suzuki
ひと・もの・ことの閒-あわい-にある物語を探求し、企画・執筆・編集業を営む。東日本大震災後の宮城県石巻市におけるコミュニティ事業、大学院での地域保健政策及び高齢者ケアの国際比較研究を経験した後、株式会社LITALICO入社。発達障害に関するポータルサイト「LITALICO発達ナビ」の企画・編集を担当。ウェブマガジン「アパートメント」「soar」「greenz.jp」の運営・編集にも携わる

・モリジュンヤ
ジャーナリスト、編集デザインファーム「inquire」代表。1987年2月生まれ、岐阜県美濃加茂市出身。未来の探求と社会の編集をテーマに『THE BRIDGE』『マチノコト』『IDENTITY名古屋』『soar』など複数のメディア運営に携わる。NPO法人マチノコト理事、一般社団法人HEAD研究会フロンティアTF副委員長。